2008年11月07日

2008 yil 07 Oktyabr Bukhara

ここ数日ではもっともマシな目覚め。とは言っても、やっぱり夜中には何度も起きました。
8時ころに朝食を食べに行ったら、スウェーデン人のおばさま方団体が先客でいた。こういう旅行団体がウズベキスタンにはとても多い。
ポリッジがあったのだけど、こげた匂いがしたので、チーズと黒パン、ヨーグルトがご飯。

ぼーっと寝る。窓から差し込む日射しが心地よいです。
いざ、飛行機のチケットを買うためにホテルを出ようと思ったらカリモフ大統領がラトビアの大統領と会談するらしく、街はいっさいフリーズしている。
どういうセキュリティ体制だか。
仕方ないのでまた寝る。本当に寝てばかりです。

「昼すぎたら道路を車が走っていいことになる」そうで、2時半にそろそろ良いかと外に出たらタクシーどころか車も一台も通っていない。警官がやたらめったと多い。自転車も走っては行けないらしい。自転車・・・意味あるの?
レセプションで3時過ぎだったらタクシーはあると言う。

裏のお土産屋さんを見に行く。なかなか見ていて楽しい。でも、女性が好きそうなものばかり。確かに主な購買層ターゲットが旅行している女性というのは間違いじゃないと思うけど。
戻ってきたら空港に電話してあげると言う。4時半にタクシーが迎えに来てチケットを買いに行けるそうだ。
普通の常識的な車のお兄さんが来てくれた。良かった〜「ロシアのメルセデス」じゃなくて。
お兄さんはチケットを買う時にも手伝ってくれた。

チケットを買ってきて、部屋のテレビの付け方を教えてもらった。一気に引きこもりライフが快適になった。
と言いつつもやはり吐き気と咳が治まらない。帰ったらお刺身が食べたい・・・。

ホテルの人に聞いたご飯を食べれるところでスープだけ食べた。前菜しか食べていないことをレストランの人に心底わっかんねーなぁ、みたいな表情をされました。


本当にチケットを買っただけの日でした。


posted by スギヤ at 21:34| Comment(0) | TrackBack(0) | ウズベキスタン旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。