2008年07月31日

Aziya

AZIA.jpg

予告した通り、今日は「アジア」だったはずなんですが。

し、しまった。今日のせようと思ってたAziyaの動画をYoutubeでのせている方が300ほどの動画とともにどこかヘ行ってしまわれました。
こんなことってあるんですね・・・。
なので写真を貼ってお茶を濁したいと思います。

取り立てて歌にも容姿にも特徴もない二人組です。
「ぜったいお金持ちのカラオケ好きな女の子がなんでか歌っちゃってるんだ」とかテキトウに考えてたのです。
意外と苦労人だったらすみません、なんですけど。

聞きたい人はこちらからどうぞ。
http://www.uzfiles.com/ Aziya
聴きたい曲の横にある「play」を押して下さい。


話はウズベクからずれますが、イギリスにもエイジアというロックバンドがありますね。
ウクライナにもAssia Akhatと書いてアーシア(かな?)という歌手がいるようだし、Asiaというのは割と良くある女性名なのかもしれません。Europaも元は女神ですしね(日本語でエウロパ)。
豆知識でした。


posted by スギヤ at 21:49| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

Ikrom Mirusmanov


Ikrom Mirusmanov - Chakra-chaki

歌っているのは「group "Evraziya"」だそうです。つまり「ユーラシア」。
とっても中央アジアな名前ですね。このIkrom Mirusmanovさんが誰なのかいまいち分からないのですが、このグループ名でほかにも動画が見られます。
「Kuzlaring...」
「Papiruy」
どことなく、日本というかアジア的なポップスの曲調です。

このIkrom Mirusmanovさんらしき人の頭が薄いのはひょっとして格好いいんでしょうか。トルコだと髪が薄くて、腹が出ているのがダンディーって聞いたことあるんですけど、本当かしら。


明日は「アジア」です。
posted by スギヤ at 16:29| Comment(2) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月27日

Jahongir


Jahongir - Birga emas

昨日の記事に書いたアノーラとのデュエットをしていたJahongirさんは今までもたくさんの歌手と組んで歌っているようです。Youtubeを探したら数曲出てきました。
今日はJahongirさんがソロで歌っているものです。

タイトルの「Birga emas」はさしずめ「一緒にはいられない」と言ったような訳になるでしょうか。直訳したら「一緒ではない」になりそうですけど、さすがにそれは、直訳すぎですよね。
そのタイトルの表す通りのしっとりと歌い上げるような曲です。
女の子はこういう曲を歌ってもらうと嬉しいんだろうなぁ。

ところで、この人の名前ですが「Jahongir.uz」もしくは「JahongirUZ」と書くのが正しいようです。名前の後にドメインをつける人は今後増えてくるのかなぁ、なんて思います。
「こんにちは。スギヤジェーピーです」とでも言えば良いのかな。なんだかラッパーっぽい・・・。
posted by スギヤ at 22:08| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

Yomg'ir


Anora ft. Jahongir - Yomg'ir

アノーラの新曲だよ!
なんとJahongirとのデュエット。なんと、とか、ほとんどの方にはさっぱりと思いますが、Jahongirはめずらしく聞きやすいウズベクポップスの男性歌手です。男性歌手にうといもので、男性強化週間のときはすっかり忘れてたけど。
Oybekとか好きな人は気に入ってもらえそう。

アノーラは元々声量のある歌手なので安心して聞いていられるバラードになってます。
日本から帰ってちょっと成長した感じがありますね。曲作りも歌い方も一段と良くなってる。
日本語で書いている公式ブログの更新がまた始まってます。
前髪パッツンですよ! みなさん!

余談ですが、最近は「誰と誰」はウズベク語の「va(&)」じゃなくてフィーチャリングの意味の「ft.」が主流なんでしょうか。
「ft.」だと最初に書いてある名前の歌手に後から書いてある名前の歌手が協力したって感じだからあんまり2人で作ってます! って感じしないのですよね。個人的にはウズベクっぽい「va」が好き〜。
posted by スギヤ at 10:49| Comment(0) | TrackBack(0) | ANoRA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

日本語サイト

日本語で書かれている個人的に良く見ているウズベキスタンと音楽関係サイトのリンク集

本当はすべてにリンクの許可を取りたかったのですが、連絡の仕方が分からないところなどは無許可になってしまいました。
不都合がありましたら、すぐに削除いたします。
リンク許可のご連絡も個人的には嬉しいです。


中央アジア・シルクロードの胡旋舞ダンサーYULDUZのサイト http://yulduz.web.fc2.com/
ウズベクダンスのプロの方。東京でダンス教室もやってます。ベリーダンス、ヨガ講師。

異国大衆音楽鑑賞記♭ http://hamehcheez.blog47.fc2.com/
メジャーじゃない外国の音楽だったらここ! 実際に古今東西のアルバムを聴いてのレビューがとっても説得力あります。

中東イベント情報 http://cafebagh.exblog.jp/
いつかここにウズベク関係のイベントが増えるように祈りつつ。イスラム国関係のイベントがたくさんのってます。

Fikrimce トルコあんなことこんなこと 中央アジア風味 /mz http://fikrimce.sharqi.net/mz/
私なんかがリンクするのもおこがましいほど、実に中央アジアポップスについて充実しています。ここだけの話、私のブログよりこっち見た方が良いよ。

ようこそ!ウズベキスタンへ! http://www.geocities.jp/uzbekfriends/
ウズベキスタンの写真がたくさんあります。相互リンクです。

Mz ☆Hiroのモイモイ フィン・ロック通信 http://suomirock.blog78.fc2.com/
ウズベクポップスとも中央アジアとも関係ないフィンランドメタルのブログです。私が日参しているので、リンクさせて下さい。
posted by スギヤ at 21:26| Comment(0) | TrackBack(0) | ウズリンク | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月23日

Shahrizodaについて

2007711305417415.jpg


シャハリゾーダのメンバー

Shakhnoza Yuldosheva  ウズベキスタンのウイグル人地区生まれ。*注
Muborak Ashurboeva ウズベキスタンのウイグル人地区生まれ。
Kamola Arslanova ウズベキスタンのウイグル人地区生まれ。

*注 ウイグル人かどうかは不明。

Dilnaz Ahmadieva カザフスタン生まれのウイグル人。
Nadira ウズベキスタン出身。




もともとウズベキスタンのShahzodaと無関係なのは有名な話と思います。どちらとも千一夜物語のシェヘラザードからきています。

2004年にデビュー。
2006年の「Oynasun」のビデオがウイグル自治区で爆発的に人気が出て有名になりました。
2007年には2枚目のアルバム(VCD)を出し、収録曲のうち「Guli (古麗)」「Almihan(阿拉木汗)」を中国語で歌い、他の曲もすべて中国語訳の歌詞がついていました。
この2枚目のアルバムからは追加メンバーが1人入りました。


これが、英語スペイン語から知ったShahrizodaのプロフィールです。

でも、2枚目のはずの「Guli(古麗)」のビデオには3人しかいなくない? ナゾ・・・。
KamolaかDilnazが追加メンバーです。
もしかして「 Yorigulla(情人)」の5人目? あまり出てこないけど、きれいな人ですよね。
と言う事は、Dilnazが元々のメンバーでしょうか。


Dilnaz Akhmadievaって前にここで取り上げたこの人ですよ。
ウィキペディアの情報量を参考にすればカザフではかなりの人気か知名度かキャリアがあるような人ですが、ウイグル自治区に行ってるってことでしょうか。同姓同名とかじゃなくて? 
写真一番左のMuborak Ashurboeva以外は誰がどの名前かは分かりませんので明言は避けますが、どんな勢いで髪の毛伸びてんですか。
posted by スギヤ at 22:01| Comment(0) | TrackBack(0) | Shahrizoda | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月21日

Davron Ergashev


Davron Ergashev - Yana sensiz

曲としてはYoutubeのコメントにあるように平凡ですが、ShahrizodaのMuborak Ashurboevaさんが出てます。
この子、ウズベキスタンでは歌手ではなくて女優としては有名なのでしょうか。歌ではなくて出ている動画がいくつかありますよね。これとか。


ところで、男性ばっかり期間は終了。疲れたッ!
あまり、私見(好き嫌い)を書かない方が良いかなぁと実は控えめにしているつもりです。もともと控えめなのは苦手なので、んなことねぇ! と思ったアナタは正しいかも。
でも、すみません、ちょっと言いたいのです。男性歌手だけと言うのは無茶だったと。
金かけまくりな色んな国だったら凡庸な曲でもビデオが金かけてあって見てて楽しいものになってたりするけど、そんな感じでもないですし・・・。
だって、さらにすみません、ウズベクの男性歌手ってあまりぱっとしない人めちゃくちゃ多いですよね?
やっぱり私は可愛い女の子の方が盛り上がれるなぁ。
posted by スギヤ at 11:54| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月20日

Erkin Abdulla


Erkin Abdulla - Tengritagh Burkiti

ウイグル自治区のシンガーソングライターErkin Abdulla氏のアコースティックです。読み方はエルキンかなぁ、アルキンかなぁ。
この人の音楽はウイグルらしさがあまり、ない。
きっと漢民族にも受け入れやすいんだろうな、という気がします。
この人しっかり歌ってもいるのです。これとか。
日本語ではこちらのサイトが詳しいです。http://www.yaogun.com/

公式サイトはこちら。http://www.arkenmusic.com/
posted by スギヤ at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ウイグル | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

Firdavs


Firdavs- So'lim

歌手の実力と言うか「聞いていて面白い歌を歌う人か否か」というのはゆっくりなテンポの曲を聴いたら分かるような気がします。・・・もちろん、気がするだけですけど。
で、このFirdavsさん。他にも色々歌っているのですが、この人らしさというような特色にイマイチ弱い気がします。

ウズベク人の理想を具現化したような(?)可憐な女の子が男性に惚れられるというストーリー。しかも、ほうきで掃除してる! このシチュレーション、すっごい多いですね!
その割りに最後は・・・です。
posted by スギヤ at 13:15| Comment(0) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月18日

Ohu-voh


Mahmud Nomozov - Ohu-voh

ひょっとして名字は「Nomozov」ではなく「Namozov」ではないかとも思うのですが、分かりません。
最後に出てくる口琴は「Chang-kobuz」などと言う名前のようです。「シャンコブズ」という名前で正書法が決まっていなさそうな感じ。
北海道のアイヌがもつ「ムックリ」が有名ですが、世界各地に共通する楽器です。

個人的には女性のダンサーが一切出て来ないところをすごいと思いました。
なのに男性だけで盛り上がってて「女の入る隙間がない」とはまったく思えないのはウズベクだから!? ウズベキスタンにハードボイルドってないんでしょうか。・・・似合わなそう。(最後のほうは独り言でした。)
posted by スギヤ at 19:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Mahmud Nomozov | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月17日

Ay-Ay


Afruz - Ay-Ay

暑い夏がちょっとは涼しくなる爽やかな曲。・・・なるかなぁ。
最近は日本は暑すぎですしね。と言いつつ、タシケントの温度も現在は30度前後のよう。しかし、東京が湿度80%に対して湿度20%ですから少しはすごしやすいかも知れません。
この爽やかさが逆にあそこら辺(ペルシャ、アラブ、インド辺り)の音楽好きに取っつきにくくしているのと、まったく興味ない人がそこら辺の音楽を想像して取っつきにくくしている気がします。実際のところは分かりませんが・・・。

ちなみにこのAfruzの曲で以前取り上げたのは題名が「Bio-Bio」でした。おんなじ音をくり返すタイトルって、ウズベクポップスだと普通なのかもしれないですね。日本の歌だと「かごめかごめ」くらい?
posted by スギヤ at 22:46| Comment(0) | TrackBack(0) | Afruz | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

Yuragimda


Oybek - Yuragimda

Oybek va Nigoraの男性の方。
しっとりと聞かせる良い曲です。
雨の中、電話で「Yurak(ハート)」について語るなんてベッタベタの王道ですね。良いなぁ。「-imda」の方の意味は失念・・・。すいません。「Yuragimda」で、「愛してる」とかかなぁ?

えー、最後の方唐突に切れてますが、この後多分5秒くらいで曲が終わります。
全部聞きたい人はhttp://www.uzfiles.com/で。
posted by スギヤ at 21:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Oybek va Nigora | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月15日

Malika


Doston Ubaydullaev - Malika

いきなりですが、しばらくは男性強化期間。
世の男性が強くなる週間じゃなくて、私がウズベクポップスの男性歌手に詳しくなろう週間です。
ほんっと分かんないですからね〜。女性だったら大抵分かるんですけど。(それもどうかと思う)

今日のドストンさん。名字は多分アブダラから来ているのでしょう。ウズベク語の名字はイスラームな名前に女性は「〜va」、男性は「〜v」が基本です。
カザフではロシア風のその名字の付け方をやめて、「ウバイドゥラエフだったらウバイドゥラ」にしようという動きが多少あるようなのですが、ウズベクは今後どうなるのでしょうか。
posted by スギヤ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Doston Ubaydullaev | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月14日

Anvar G'aniev


Anvar G'aniev-Moviy Ko'zlar

珍しく踊り子がズボンはいてます。髪の毛も三つ編みじゃないですし、そう言った意味では本当にウズベキスタンの音楽なのか疑問に思うところですが、言語はウズベク語っぽいです。
アコーディオンの音がジプシーっぽくて、踊ったらきっと楽しそうです。ウズベクポップスのリズムが分からない人でも取っつきやすいかも。・・・かも。
タイトルは「Moviy=スカイブルー」 「Ko'zlar=目(複数形)」です。


別にこのタイミングで書く必要はない事なのですが、ここで紹介している音楽はすべてが管理人の趣味ではありません。
もちろん大嫌いとか全然意味分かんないとかはのせませんが、とにかく幅広く、誰かがどれかを好きかもしれない。だからのせよう。
という感じです。
posted by スギヤ at 18:33| Comment(2) | TrackBack(0) | other | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月13日

Totoy


Totoy - Yulduz Usmanova

日本も夏になりましたね。私事ですが、我が家はけっして涼しくない、と言うかめちゃめちゃ暑い地域にありますが、冷房を使わないので、夏はとても大変です。みなさま、ぜひ冷房の温度を高めに設定するなどして対温暖化対策しませんか。

中庭のテーブル周りで踊り回る姐さんがカワイイ。
たしか、この中庭に木を植えてテーブルを出しているのって暑さ対策なのではなかったっけ。暑い時はここで果物を食べながらだらだら、というイメージ。
そう思って見ているからか、この映像がなんだか涼しそうに見えてきました。
出てくる暑苦しい小母さんの事は抜きにして。
posted by スギヤ at 12:28| Comment(0) | TrackBack(0) | Yulduz Usmanova | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月12日

Rayhan



ウイグルポップス好きにおススメ。

どれがタイトルでどれがこの人の名前か分からないですが、とりあえずRayhanは名前だと思います。
検索したら他のRayhanちゃんのことが出てきたし・・・。
Azatが名字でNazimがタイトルかなぁ。Azatは解放、Nazimは詩のことのようですし。
ウイグル語は分かりませんし、また勉強する事もないと思いますので、これ以上は分かりません。

ShahrizodaやGul yaruなどいままで取り上げてきたようなノリノリのウイグルサウンドです。
posted by スギヤ at 10:40| Comment(0) | TrackBack(0) | unknown | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

ウズベクダンス?



Youtubeで「uzbek dance(ウズベキスタン 民族舞踊)」と調べた人はよくご存知かと思いますが、
あの巨大な動画の海で、ウズベクダンスの動画はとても少ない。
と言うか、私は見つけられません。
素人が踊っているもの、歌手がメインなものはそこそこありますが。あとは画質が悪いのとか。

ようやく見つけたのが、これ。「パリのナウルーズパーティ」だそうです。
小規模の集まりの割にはプロのダンサーに、音楽家つき。
これで、映像がダイジェスト版じゃなくて、一曲ずつだったら文句ないのに〜!

ダンスは3分過ぎ頃からです。
posted by スギヤ at 21:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 舞踊 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

Dilnaz Akhmadieva


Dilnaz Akhmadieva - Zalotoj

アルマトイ(カザフスタン)出身。ウイグル族。27(もしくは28)歳。兄弟のDilsha AkhmadievはポップグループYashlikのメンバーである。
といってもそのグループがどれだけ有名なのかは知りません。こういう映像はあったけど。

歌詞がロシア語なので、ロシアに進出しているのかと思いましたが、それにしては映像にお金かけてないですし。
もともとロシアで誰かが歌っているもののカバーかと思いましたが、その割にはメロディが中央アジアっぽいです。

公式サイト(http://www.dilnaz.kz/)もあります。私は見れません。
posted by スギヤ at 12:48| Comment(0) | TrackBack(0) | カザフスタン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月08日

Seni


Rayhon - Seni

PVの中身についてですが。
イスラームと思って見ているとしょっぱなからびっくりです。
女性は車の運転をしてはいけない法律のあるイスラム国もありますので、そう言った激厳しいイスラム国がスタンダードと思ってる人はまず裏切られて下さい。
その後ヒッチハイクで、見知らぬ異性の車に乗る。この時点で男女の差が厳格と思っている人はノックアウトされて下さい。
さらにさらに、いないと思いますが、嫁入りするまでデートなんか一切ないと思ってる人は(と言っても厳しい事になってるイランでもデートあるんだけどね)いちゃつくカップルに目を疑ってみて下さい。

さすがウズベキスタン。大好きです。
オチとしてはやっぱりウズベクポップスって感じです。最初の幸せそうなところから「絶対何かある」と思ってみていた私はひねてますでしょうか。




宣伝:そう言えばmixiにはこんなコミュニティがありますので、mixiやってるかたは是非どうぞ。
posted by スギヤ at 09:50| Comment(0) | TrackBack(0) | Rayhon | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月06日

Balli


Sevinch - Balli

ニルファーの意味が「睡蓮」と言う話を書きましたが、セヴィンチは「歓喜」だそうです。
という事は、善美ちゃんとか・・・? 翻訳した上に当て字しなくても良いですか。良いですね。
ベンベケベンの弦楽器とアトラス絣(ウズベク特有のハデハデ模様の織物のこと)が素敵です。

今ではドレッドヘアでイケイケ(死語)のセヴィンチですが、こんな若かりし頃もあったよ、みたいな動画もありました。
いや〜、今も十分ですがこの時はさぞかしウズベキスタンでもてたでしょうね。
Sevinch - Yurogigngdan joy oloy (?)
posted by スギヤ at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | Sevinch Mo'minova | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。